【マカオ旅行記】スタジオシティ・マカオのアトラクションの感想




マカオには巨大ホテルリゾートがたくさんできています。前からそのホテルの数々に興味があったのですが、今回この新しくできた「スタジオシティ・マカオ」を選択したのは、ホテル内のアトラクションに興味があったからでした。
ホテル予約時には「宿泊者割引」もあると書かれていたので(詳細まで書かれてなかったが…)、費用削減の意味でそれもアリだと思った訳です。ちなみにその内容はアトラクション1つを無料で乗れるというものだったようですが、私たちの勘違いで2ライドセット割のチケットを買ってしまいました(笑)。確か50HK$安い程度だったと思います。。。

改めて、「スタジオシティ・マカオ」に関しては、下記の記事を…。

 

バットマン・ダーク・フライト

私が最も期待したのが、この4Dフライト・シミュレーション・ライド。
チェックイン時のスタッフもかなり勧めてきました(笑)。

現地月曜日の平日、19時頃で30分程度の列ができていました。
所要時間20分と書かれていたので期待していましたが、よくあるUSJのライドの様に実際の乗り物まで2か所ほどでストーリーの前置きがあります。もちろん英語で話されてるので、よくわかりません。恐らく客が相手のジョーカーに捕らわれた設定で脱出用の乗り物に乗るという設定だと思います。

そしていよいよライドに着席。映画館のような感じで大スクリーンが前にあり、4列ほどの椅子が並んでいます。所要人数は50人くらいかな。ライドの時間は10分も無かったと思います。

実際乗った感想は、USJで言うところの「バックトゥーザフューチャー」のでかいスクリーン版といったところでしょうか。
4Dと謳われていましたが、あまり水しぶきやそれ以外の演出は強く感じませんでした。
周りの外国人の人達は喜んでいる人が多かったですが、個人的には期待ほどでは無かったです。面白くないわけではないですが、実際2,200円もの値段の価値は無かったと思います。
まあUSJで慣れてるから…というのもあると思いますが…。

8の字型観覧車「ゴールデン・リール」

このホテルの目玉?である世界初の8の字観覧車です。
巨大ホテルのビルディングの真ん中に陣取り、外観からは一番目立っています。
ちなみに下はホテルの部屋の窓から写した画像です。

こちらに乗ったのは19時半過ぎくらいだったと思います。マカオなので巨大リゾートホテルの煌びやかな夜景のライトアップが楽しめるかと思い、暗くなる時間帯を選びました。
待ち時間は15分程度だったかな。

乗り場自体がホテルの3階からエレベーターで結構上まで上がったところなのでスタートから高い位置になっています。
実際乗ってみるとご理解いただけると思いますが、普通(笑)。別に8の字だからと言って、特別な乗り心地がある訳でなく、「今ちょうど角度が変わる時かな」くらいの感想です。
中は10人ほど乗れるスペースでした。景色はやはりそれほど良いわけでなかったです。マカオの賑わってる地域も一部ですからね。
そういう意味では夜より日中の方が、マカオの現地の状況が一番わかりやすいかもしれません。

ちなみにどちらのアトラクションも出口にギフトショップがありますが、「ゴールデン・リール」は当ホテルのシンボルなので何か買ってもいいかもしれません。私もホットドリンクを入れると色が変わるマグカップは購入しました。

どちらのアトラクションもこれと言って「面白い!」という感じは正直しませんでした。(値段との価値も含め)
ただせっかくマカオにできた目玉の一つとも言えると思います。一度は乗ってみて、その経験を自分の価値にできれば良いと思います。
是非、一度は体験してみて下さい。

最後は珍しく顔出し写真で…。この画像が一番後ろきれいでしたので。
この写真を撮ったのはホテルの中庭。ここからのホテルのライトアップはきれいでしたので、撮影におススメです。




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.