今更ながら「Apple Pay」の支払いをしてみました。

 iPhone7 Plusに変えてから、使ってみたかった機能である「Apple Pay」での支払いを本日コンビニでしてみました。
 まだ使える店が少ないはずで、使えるとしてもコンビニくらいだとは思っていました。
 (まだ使い方を理解していないかもしれません。)

 コンビニのレジでの支払いの際、私は「Apple Payで!」と伝えると店員が「QUICPayですか?」と聞いてきました。
 私が「Apple Pay」で登録しているメインカードは、ドコモカードなので「ID」の支払いになる訳です。ですので、「IDの方で」と伝えました。
 後は通常の電子マネーを使う流れで、認証する端末にiPhoneを置き、ホームボタンで指紋認証すれば完了でした。

 要は何が言いたいかというと「Apple Pay」という支払方法がある訳でなく、結局「ID」か「QUICPay」のどちらかで支払うということみたいです。
 自分が「Apple Pay」支払い用として登録しているカードのメインカードがどちらの支払い方法に対応しているかで、そちらを選択して支払ったら良いみたいでした。

 私はてっきり「Apple Pay」という単独の支払い方法があるものだとばかり思っていました(苦笑)。

 という事はメインで使っているクレジットカードが「ID」か「QUICPay」に対応していないといけません。
 私が所有しているクレジットカードのうち、ドコモカードが「ID」、楽天カードが「QUICPay」に対応しているので、どちらも登録しています。(複数枚登録可能)しかし、どちらかをメイン設定しないといけないので、もしもう一方で支払いたい場合は支払い前に画面上で変更操作しないといけないと思います。

 ちなみに私は通常メインで使用しているクレジットカードはマイルを貯めるために全く別の会社なので、正直現時点では実用性はありません(笑)。

 これからどのようにこの「Apple Pay」の機能が進化していくかがキーになりそうです。
 なかなか難しいものですね。

スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする