【熱海温泉旅行記】箱根温泉周辺




 旅行の2日目の最終日は、諸事情により19時までに大阪に帰らないといけませんでした。
 ですので、現地に滞在できるのは長くみても14時くらいでしたので、2日目は熱海温泉ではなく、箱根温泉を周ることにしました。
 熱海からは1時間弱で行けますし、せっかく静岡まで来たのだから近くの観光地は見ておこうということになった訳です。
 ということで、2日目もハードなドライブとなりました。

 箱根に行くといっても、何か大きな注目点もありませんので、箱根湯本駅近くの温泉を目指し、そこまでの道で何かを楽しむという感じでした。

 まず、初めに行ったのが「芦ノ湖」です。
 とりあえず、広い駐車場と土産物屋を見つけたので、そこで車を停めると、そこは遊覧船などの乗り場でした。

 DSCN0473

 そこから少し歩くと、「箱根関所」があり、せっかくなので入ってみました。
 まあ簡単に言うと、江戸時代に防衛の拠点として存在した関所なのです。
 とくにこれといったものはなく、軽く回って終了(笑)

 IMG_0389

 土産物を買った後、箱根湯本駅に向かうのですが、芦ノ湖から意外と遠く10km以上離れていました。
 とりあえず、駅周辺に着いたものの箱根は山の中?なので駅周辺を除くと山道の連続で非常に車で行きにくい場所でした。
 土曜日だからか意外と駅前が人で混雑していて駐車場も満車が多く、時間だけが過ぎていきます。
 しかも、目的だった日帰り温泉もどこかわからず見つからない始末で、どうしようもなく、とりあえず駐車場を見つけて停めた後は、駅までをブラブラ歩きました。
 人も多く周りの店も中々賑わっていて、箱根温泉の人気を感じました。
 しかし、時間が無くなって来ていたので、それらをのんびり楽しむことはできず、最後の温泉を探すことに夢中でした。
 駅前で近くに日帰り温泉で有名なところがあることを知り、すぐ車を取りに行って、その温泉に行きました。

 その温泉は「箱根湯寮」という場所でした。
 
 箱根湯寮(はこねゆりょう) | 箱根湯本にあたらしい日帰り温泉

 近場にあるスーパー銭湯と比べると物足りないですが、それでも有数の温泉街にある日帰り温泉としては施設も揃っているところでした。
 箱根は山の中なので森林に囲まれた露天風呂を希望していたので、そのノルマはクリアできました。
 自然を満喫しながらの露天風呂は気持ちよかったです。
 ただ、時間が迫っていたので1時間弱しかいることはできませんでしたが、最後に温泉に入浴でき、うまく旅行を締めることができました。

 後はひたすら大阪に向けてのドライブになりました。
 帰る時間が決まっていたので、サービスエリアを楽しむこともできませんでしたが、今回の旅行は一度一緒に行くメンバーの致し方ない事情で延期になったものだったので、行けただけでも満足でした。

 帰りは他のメンバーが持ってきていた映画のDVDを車の中でかけていたので、それを観れないドライバーとしては少し眠くなったのですが(笑)、それが終わると意外と他のメンバーが運転すると言い出し、3時間ほど私の車を運転してくれました。
 ということで、帰りは楽をさせてもらいました(笑)

 初めての関東へのドライブでの旅行であり、いつも通りのハードスケジュールな旅行となりましたが、十分楽しませてもらいました。
 一緒に旅行に行くメンバーがなかなかいないのが今の年齢になると辛いところではありますが、本当に旅行だけは定期的に行きたいものですね。

 次回はやっぱり海外旅行、シンガポールか、香港・マカオに行きたいな・・・。




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.