レポート

水木一郎、堀江美都子、影山ヒロノブアニソンBIG3コンサートの感想

 本日は、先日話していた水木一郎、堀江美都子、影山ヒロノブのアニソン歌手3名によるアニソンコンサートに参加してきました。

 今回は大阪府の能勢町というところで行われたのですが、自分は豊中市から近いと思っていたら、全然遠かった(笑)しかも、国道が微妙に混んでて、着いたのが開始10分前でした。(右曲がる車がいる度に混んでしまう国道って…)

 まず驚いたのは、着いた時にもらった資料に本日歌われる曲名が全てラインアップされていました。
 コンサートに来ると、「どんな歌が出てくるのか?」という楽しみを持ちながら進行を楽しむと思うのですが、いきなり何歌うかわかってしまうのは…(笑)

 これがリスト…

 BIG3リスト

 正直、このラインアップでもちょっときつかった。。。
 しかし、これがよりひどいものとなるとは、この時には思っていませんでした。

 会場は、1階と2階があり、私は1階席でした。2階は見えませんでしたが、一階は超満員でした。(500人くらいかな)さすがは、BIG3…
 お客さんも普段のライブの時とはまた違い、いろんな人が来ていました。家族連れや若い人たち、おじさん連中まで(笑)でも、やっぱ3~40代が多かったかな。ただ、マニアじゃない客が多かったように思います。

 で、時間ちょうどにスタート。いきなり曲変更(笑)

 1発目は、サイバスターでした。
 その後は、リスト通り3人の代表曲を1曲ずつ。
 
 この辺までは非常に良かった。昔、子供の時や若い時にテレビで聴いた歌を今目の前でオリジナル歌手が歌っている…といった喜びをお客さんの雰囲気で感じ取ることができました。
 歌い始めの時に、ところどころから歓喜の声が上がったり、1番を歌い終わるたびに間奏中に大きな拍手が起き、お客さんが歌に酔いしれていることがわかります。
 そして、リストで言う女王の『風のエミリー』まではとても良い雰囲気で、周りの人達も笑顔を浮かべて楽しんでいました。
 
 だが、しかし・・・

 影山ヒロノブあがりから、少なくとも私の周りはトーンダウンが…。
 これには後で言及するとして、何とかミズキング登場になったら大丈夫だろうと思っていました。

 『しあわせならマジンガー』という意味のわからない曲があったのですが、こちらは『幸せなら手をたたこう』の歌の歌詞を変え、

 ♪しあわせなら マジンガー (ゼェーーーッ!!)

 とお客さんに半強制的にやらしていました(笑)
 驚いたのは、客のほぼ全員がやってましたので、自分も恥ずかしながらやりました(苦笑)

 恥ずかしい思いながら、ちょっと寒くなった客が温まって、ミズキングの出番となりました。
 何とも言えないミズキングの曲リストですが、まあ「バビル2世」があれば客は喜ぶだろうと思っていたら…、

 何と、『バビル二世』をカット!!

 代わりに、ジャングル大帝の『サバンナを超えて』を歌いました。
 これは、最近アルバムに出したと思われるグランドアニキバージョン?

 そして、ミズキングと女王のデュエットの名曲『CROSS FIGHT!』も変更で『マグネロボ ガ・キーン』に…。

 で、最後は1曲目に歌うはずだった『時を超えて』を歌い、アンコール後はゲームの『太鼓の達人』の関連曲を歌って終わった。

 正直にお話しします。

 7曲目までは素晴らしいラインアップだったと思います。
 しかし、8曲目から完全にお客さん放置状態でした。

 私の意見としては、今回のコンサートは普段のライブに来ない一般のお客さんが多かった。そのお客さんが期待しているものは、何より昔聴いたアニメの歌を今の時代になっても聴くことではないかと思う。
 だから、女王が歌っていたまでは、周りの人達の笑顔を浮かべて楽しそうだった。
 しかし、影山ヒロノブからは、CDを持っていたり、オリジナルビデオを持っていたりしないと知らない曲のオンパレードだった。
 これでは、客はついていけない。
 いつの間にか周りの人達の顔も引きつっていた。隣にいた影山ファンらしき若者もラインアップに不満を言ってた。(多分、聖闘士星矢の歌を聴きたかったようだ。)
 どうも、最近の歌の営業的なものや自分の歌いたい歌を選んでいたように思う。

 私なら、このラインアップの方が一般向けだったように感じる。

 【影山ヒロノブ】
 ○ドラゴンボールのもう一つの主題歌(いっぱい おっぱい とか言う歌)
 ○聖闘士星矢(ソルジャードリーム?)
 ○営業ソング

 【水木一郎】
 ○超人バロム1
 ○ゲキレンジャーED
 ○キャプテンハーロック

 アンコール後、皆で『バビル2世』。

 結局、今回のコンサートは私の恐れていた通りになってしまった。
 もう少し客層を考えて、皆が知っている歌を歌った方が、絶対に次につながっていたと思う。あのみんなが歓喜していた時間から、盛り上がりようがない雰囲気になった後半を見ていると、前半の勢いが後に続いていたらどれだけ良かったか。
 普段来ない人が来てたのに、本当にもったいない。

 アニソンコンサートで、これだけいい気分にならなかったのは初めてかな。
 まあ、女王の『花の子ルンルン』は初めて生で聴けて良かったな(笑)

 本当に残念でしたが、ただ救いは思ったより3人のトークが面白かったこと。
 せっかく、今の時代になっても30数年前と比べても衰えの無い歌を未だに歌ってくれている彼らにはファンとして感謝しないといけないと思います。
 だからこそ、もう少し視点を落として、お客さんのことを考えた構成にしてほしいと思います。

 この消化不良を変えるためには、ミズキングのCD=BOXを買って、特典ライブDVDを見るしかないか…。

 来週は、山本正之ライブです。
 アニソンネタが続き、本来の話ができてない。

 明日からは、またトレーニングに励んでいきます!!

関連記事

  1. 【シンガポール旅行記】マリーナ・ベイ・サンズ ⑤

  2. ささきいさおデビュー55周年記念スペシャルライブ・アンコールに行ってき…

  3. 【シンガポール旅行記】ザ・マリタイム・エクスペリエンシャル・ミュージア…

  4. 【イベントレポート】スーパーフェスティバル 大阪5、宮内洋トークショー…

  5. 水木一郎、堀江美都子ビッグ・アイコンサートに行ってきました。

  6. 【シンガポール旅行記、第2弾】シンガポール旅行の総括

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  


管理人SNS


Takashi Asada

バナーを作成
 


Instagram

PAGE TOP

おススメ商品

【書籍紹介】現代語訳 論語と算盤

レビュー

【レビュー】空庭温泉OSAKA BAY TOWER

レポート

【レポート(イベント)】LOVE TAIWAN 2019 in KOBE

おススメ商品

【おすすめ書籍】開業から3年以内に8割が潰れるラーメン屋を失敗を重ねながら10年…

IT・ビジネス

【ビジネス記事紹介】イーロン・マスクらが実践 「何もしないこと」で生まれる独創力…