【レポート】ALICE(アリス) AGAIN2019-2020 限りなき挑戦




本日は以前から行きたかったアリスのコンサートに初めて行ってきました。
アリスはたまに復活して3人でコンサートを行っているようで、そういった情報を知らない私はたまたまチケットぴあで検索したら出てきた抽選に申し込み、無事にチケットを取得できたのでした。

大阪城ホールには満員のファンが…

コロナウイルスの影響でマスクをした人も多かった中でしたが、非常に大きい大阪城ホールは満員のファンで埋め尽くされました。
全体的に当然私より高齢の方が多かったですが、皆、昔を思い出しながらヒット曲の数々に盛り上がっている姿を見ると、それぞれが当時を思い出しながら同窓会のように楽しんでいるようにも思え、良い雰囲気でした。

ちなみにグッズは結構色々と売ってるんですね。ただ全体的に高かったので購入は遠慮しておきました(笑)。

ほぼ知っている歌を網羅したヒット曲のオンパレード

「どんなセットリストで来るのか?」も楽しみの一つでしたが、私の知っている歌、好きな歌は全て網羅してくれました。

私の好きな「秋止符」、「狂った果実」、そして最後には「遠くで汽笛を聞きながら」。
また嬉しかったのは、これも私の好きな曲の一つ「それぞれの秋」を谷村新司さんのソロコーナーで聴けたことでした。この曲、聴けるか気になってたんですよね。本当に良かったです。

他に印象に残ったのは、音響が予想以上に良かったこと。よくライブでは実際の曲と何か違う雰囲気が出る生演奏ですが、実際のレコードと変わらない、それに増した迫力を感じる演奏と歌声がライブの素晴らしい空間を引き立てていました。

MCも楽しい3人(特に矢沢透氏)

アリスの三人はMCの話も面白いのですが、予想以上に面白かったのが矢沢透氏。この人の話し方、オチへの持って行き方は抜群ですね。谷村新司さん、堀内孝雄さんを上げまくって、オチで自分を下げる…あれは嫌味も無く面白い。私も参考にしよう。

そういや私も昔聞いていたラジオ「ヤングタウン」をやっているようですね。その雰囲気を作り出すトークコーナーも良い企画でした。

サプライズ!?2回行われたアンコール

名曲に酔いしれたライブでしたが、アンコールは予想通り「チャンピオン」ともう一曲(すいません、曲名がわかりません。)。
それで終了し2階席のお客さんが席を立つ人が多かったのですが1階のお客さんがどうも席を立ちませんし会場が明るくなりません。「何かあるな…」と思っていたら、再度3人が出てきてもう一曲歌ってくれました。
ファンがわかってるということは、これはいつもなのかな…?私にはサプライズでしたが、最後まで観させて頂きました。

初めてのアリスのコンサートでしたが、本当に満足度の高いものでした。
高い料金でしたが、それでも十分、いやそれ以上のクオリティの高い歌と演出、演奏の数々でした。
ヒット曲がほぼすべて網羅されていたセットリストも抜群でした。また行きたいと思います。




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.