おススメ商品

【書籍紹介】現代語訳 論語と算盤

2021年 大河ドラマ「青天を衝け」の題材に決定!


資本主義の本質を見抜き、日本実業界の礎となった渋沢栄一。経営・労働・人材育成など、利潤と道徳を調和させる経営哲学には、今なすべき指針がつまっている。


「論語」が基になった経営哲学に注目。お金の損得だけが着目される今の時代だからこそ、ビジネスの社会性を思い出す意味でも読みたい1冊です!

タイトル
現代語訳 論語と算盤
評価
価格
902円
ページ数
256ページ
発売日
2010年2月8日
出版社
筑摩書房
 

関連記事

  1. 【プロレスDVD 紹介】ジャイアント馬場 王者の魂 VOL.1

  2. 【商品紹介】マジンガーZ / INFINITY(特装盤)オリジナル・サ…

  3. 【おすすめ書籍】開業から3年以内に8割が潰れるラーメン屋を失敗を重ねな…

  4. 【IT商品】enerpad ACコンセントを備えた大容量27,000m…

  5. 【家電おススメ商品】バルミューダ 電気ケトル BALMUDA The …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  


管理人SNS


Takashi Asada

バナーを作成
 


Instagram

PAGE TOP

おススメ商品

【書籍紹介】現代語訳 論語と算盤

レビュー

【レビュー】空庭温泉OSAKA BAY TOWER

レポート

【レポート(イベント)】LOVE TAIWAN 2019 in KOBE

おススメ商品

【おすすめ書籍】開業から3年以内に8割が潰れるラーメン屋を失敗を重ねながら10年…

IT・ビジネス

【ビジネス記事紹介】イーロン・マスクらが実践 「何もしないこと」で生まれる独創力…