レポート

【LIVEレポート】ささきいさお VS 水木一郎 台場大決戦!

毎年夏恒例のアニソンライブ「ANIME JAPAN FES」、昨年の一発目は水木一郎さんのデビュー50周年記念ライブでした。そして今年は豪華な水木一郎さんとささきいさおさんの二人のライブでした。
ライブ開催情報を知ったと同時に行く判断をしました(笑)。アニソンの巨頭お二人のライブなんて本当に貴重で豪華なイベントですからね。
願わくば平日開催ではなく休日開催にして欲しいところですが、それでも超満員のファンが集まりました。

二人の代表ソング(マジンガーZ、宇宙戦艦ヤマト)からスタート

スタートは二人揃っての登場。いきなり代表曲「マジンガーZ」→「宇宙戦艦ヤマト」と続く訳ですから、盛り上がらないはずありません。
最初からファンのテンションも最高潮だったような気がします。

基本、歌のジャンル毎に二人の代表曲を交互に歌う構成

ライブはアニメのジャンル毎に二人の代表曲を歌いあう形で行われました。
例えば、こんな感じです。

〇ロボットアニメ対決
 「超電磁ロボ コン・バトラーV(水木)」VS「闘将ダイモス(ささき)」
〇戦隊ヒーロー対決
 「特捜戦隊デカレンジャー(ささき)」VS「獣拳戦隊ゲキレンジャー(水木)」
〇デビュー曲対決
 「原子少年リュウ(水木)」VS「新造人間キャシャーン(ささき)」
〇野球アニメ対決
 「新・巨人の星(ささき)」VS「侍ジャイアンツ(水木)」

それ以外にも、「超人機メタルダー」のOPとED、外国曲、プロ野球公式ソング(中日ドラゴンズVS日本ハムファイターズ)など、非常に幅広い構成でした。

個人的には「大鉄人17」の主題歌のフルコーラスを聴けたことが最高

私個人的に嬉しかったのは、水木一郎さんの「大鉄人17」をフルコーラスで聴けたことです。

巨匠対決ということで、菊池俊輔さんと渡辺宙明さんの歌をそれぞれが歌うコーナーがあり、水木さんの宙明ソングで選ばれたのが同曲でした。

〇「大鉄人17」、「バビル二世」(水木一郎)
〇「ゲッターロボ」、「秘密戦隊ゴレンジャー」(ささきいさお)

アニソンライブに行くようになって20年近く経ちますが、私のお気に入りソングの一つであるこの歌をフルコーラスで聴いたのは初めてでした。本当に感無量というか、最高の3分強の時間でした。
その流れで、ささきさんソングでこれも大好きな「ゲッターロボ」が続いた訳ですからね。極上の時間でした。

歌以外でも楽しい時間となった二人の弾んだトーク

今回は二人だけのライブでしたので、ささきさんと水木さんの合間のトークが弾んでいて、どちらも本当に楽しそうでした。
遠慮なく好きな話をし合って、お互いがフォローし合うトークの数々もまた楽しい時間として過ごせました。ライブに来ると、どうしても歌が聴きたいのでトークが長くなると熱が冷める時があるのですが、本当に仲良く語り合っている姿を見ていると何故かうれしくなりました。50年近くも一緒に切磋琢磨した仲だからこそ、ファンにも凄く伝わってくるのだと思います。

普段歌わないが貴重なアンコール2曲

「キャプテンハーロック」→「銀河鉄道999」→「ルパン三世愛のテーマ」→「真っ赤なスカーフ」と名曲が続いた後、二人のロボットソングメドレーを歌ってライブは終了しました。

 その後のアンコールでは何を歌うのか…と思っていたら、何とまずは「懐かしくってヒーロー」を二人で歌われました。
 この歌は水木さんの曲で日本のアニメの代表曲の一部を歌うメドレーソングなのですが、これを二人で歌ったのは初めてだと思います。しかもうまい具合にささきさんの歌のパートは本人が歌えるようになっていました。
 それだけでも十分なのに最後は二人で「マイウェイ」を歌われました。これはささきさんのデビュー55周年ライブでアンコールに歌われて大変好評だった歌ですね。それも二人で歌ったのですが、これも長い歴史を築き上げていった二人だけあって非常に感慨深く聴くことができました。

当然の如く鳴りやまない拍手喝采

ライブ終了時は当然の如く大きな拍手や歓声が起こりました。水木一郎さんが非常に感慨深そうな顔を浮かべていたのが印象的で、偉大な先輩のささきいさおさんとその空気間を作り上げたことが嬉しかったのかな?
私自身もささきいさおさん、水木一郎さんの大好きなアニソンの数々を思う存分聴くことができ、本当に嬉しかったですし、今の時代でも生歌で聴けることへの喜び、二人への感謝、色んな思いが巡りました。

次回があるか否かはわかりません。来年はいよいよ、ささきいさおさんのデビュー60周年という本当に記念すべき年になるはずなので、2020年は何よりデビュー60周年記念ライブが期待されます。
ただ何かの機会で是非、お二人のライブをまた行ってくれることを願っています。
スカイライダーの「輝け!8人ライダー」の共演や特撮ヒーロー対決「アクマイザー3」VS「超神ビビューン」など、まだまだ期待したいラインアップがありますしね。

いつも思うことですが、本当に毎年素晴らしいライブを企画して頂けることに感謝したいと思います。
そして、今でも当時と変わらない歌声を我々に届けてくれるささきいさおさんや水木一郎さんには感謝しかありません。
お二人も普通に考えると高齢になられましたが、これからも体調管理を最優先にいつまでも我々に夢を届けて頂けることを願っています。

関連記事

  1. 【旅行記】平昌オリンピック観戦旅行記⑦~平昌オリンピック閉会式~

  2. 水木一郎 2012さつきコンサートの感想

  3. ひらかたパーク 水木一郎、ささきいさおステージ

  4. 【シンガポール旅行記】アマラ・サンクスチュアリ・リゾート・セントーサ

  5. 【シンガポール旅行記、第2弾】セントーサ島(マレーシアン・フード・スト…

  6. 【シンガポール旅行記】マリーナ・ベイ・サンズ ②

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  


管理人SNS


Takashi Asada

バナーを作成
 


Instagram

PAGE TOP

おススメ商品

【書籍紹介】現代語訳 論語と算盤

レビュー

【レビュー】空庭温泉OSAKA BAY TOWER

レポート

【レポート(イベント)】LOVE TAIWAN 2019 in KOBE

おススメ商品

【おすすめ書籍】開業から3年以内に8割が潰れるラーメン屋を失敗を重ねながら10年…

IT・ビジネス

【ビジネス記事紹介】イーロン・マスクらが実践 「何もしないこと」で生まれる独創力…