【ラーメン店レビュー】SHIBIRE-NOODLES 蝋燭屋(梅田、茶屋町あるこ)




阪急電鉄高架下に新しくオープンした飲食街「茶屋町あるこ」、個性的な店が7店舗並んでいます。その中にある麻婆麺・担々麺の専門店「SHIBIRE-NOODLES 蝋燭屋」に行ってきました。珍しいラーメンですね。

同店はもともと東京の銀座に店を構えていて、過去に『首都圏版ラーメンぴあ』で新店部門1位を獲得したこともある人気店ようです。

最近完成した「茶屋町あるこ」にできた東京の名店…。

ちなみに「茶屋町あるこ」はNU茶屋町の向かいの阪急高架下の道沿いに7店舗が並んでいます。平日の夕方に行きましたが、結構お客さんは空いているようでした。オープンしたてだから人気があると思っていましたが、そんなもんでしょうか…。ただ「SHIBIRE-NOODLES 蝋燭屋」にはそこそこお客さんが入ってました。夜になるといっぱいになるのかな…?

店の前にはメニューがあるのですが、それを見ていると基本麺のみの販売でサイドメニューは無いようです。なかなか強気ですね。

店内では先にレジにて精算を済ませます。今流行りのPayPayが使用できましたので、しっかり利用しキャンペーンで20%還元されるので、実質20%OFFで食事できたのは大変有り難かったです。PayPayをご利用されている方は、キャンペーン中の間に人気店の味を楽しみに行って下さい。かなりお得です。

麻婆麺の辛さ・痺れレベルは指定可能です。

私が注文したのは定番の「麻婆麺」です。注文時に「辛さ、痺れレベル」というのが選択できるので、迷わず「普通」にしておきました。”痺れ”というレベルが気になりましたが…(笑)。

でてきた品を見ると、完全に麻婆豆腐で覆われて中の麺が見えません。

ですので、少し麻婆豆腐をスプーンで除けて、出してみました。

一口食べた時、少しむせてしまいました(笑)。辛いというより、のどが慣れていない感じで刺激を受けました。ただ、それ以降は辛さをあまり感じず、普通に食べることができました。途中で水を飲んだ時に舌が痺れている感じはありましたが…(笑)。

味は独特の香りもして、よく市販されている甘い麻婆豆腐ではありません。これが本場の味なのか…。私にとっては好きな味です。

またテーブルに「ぶどう山椒オイル」や「ブレンド酢」が置かれており、自分好みの味に変えることができます。予想以上に美味かったのが、「ぶどう山椒オイル」。これを入れることが辛みが少し抑えられマイルドになった気がします。

四川料理好きな人におススメ

サイドメニューが無いので、お腹いっぱい食べたい場合は物足りない部分もありますが、唐辛子や花椒などの香辛料を効かせた四川料理が好きな人にはぜひお勧めです。

今度は「汁なし担々麺」を食べてみたいです。

 




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.