【商品レビュー】Amazon Echo(スマートスピーカー)




今年話題のスマートスピーカーを購入するにあたり、Amazonにするか、Googleにするか、それともApple社の販売を待つか…。
考えた末に安価で現時点で機能も豊富な「Amazon echo」を購入しました。
Apple社製品の好きな私としては、「HomePod」を待ちたかったのですが、まず金額がやたら高い(恐らく約4万円)設定が見込まれるのはさすがに違うかな…と。
「Amazon echo」は私が購入したタイプは11,980円の4,000円OFFだったので7,980円でしたから、この違いは非常に大きいです。

スマートスピーカーは簡単に言うとスマートフォンであるような機能をスピーカーに話しかけるだけで音声で答えてくれるものです。
同機でしたら「アレクサ」と声を掛けたら電源が入り、その後に要件を話すとそれに対応した回答をしてくれます。それだけです。
機能は色々あるので、私個人的に便利だと思ったことを挙げてみます。

現在の天気と気温を教えてくれる。

何となしに今の気温が聞けるのは便利かな?

アラームやタイマーを一声で設定してくれる。

これは便利です。
キッチンタイマー代わりや何かある時刻に速攻で作業するときに気軽に声で設定できるのはうれしい。
スマホでタイマー設定するのは利便性が悪いので…。

音楽を簡単にかけることができ、音声の質もなかなか良い。

これはAmazonプライムや「Amazon Music Unlimited」のサービスの契約が必要です。
かといって、私の好きな「子門真人」を「こかどまじん」と読んだり、ある歌手のプレイリストをランダムでかけても色々ある中で同じ歌が流れてきたりとちょっとまだまだ難あり。
いずれは個人で所有するデバイスに繋いで、そこから音声データを抜いて流してくれるようなサービスもできるかもしれませんね。

「radiko」のアプリを使うと、ラジオを再生できる。

ラジオを聞く人には便利でしょうね。
「ラジコでMBSラジオを聞かせて」って言えば、きちんと今のMBSラジオを流してくれました。

くらいかな…。
ニュースを聞いたりすることもできますが、正直スマホで見た方がききたいニュースが選べる分、効率性はスマホの方が良いです。
やはりスマートスピーカーの最大の魅力は何か作業してても、声一つで作業してくれることですから。

ショッピングに関しては音声の聞き間違いか何かでいらないものを買う直前までいったのでちょっと焦りました(笑)。

また「Amazon echo」はスマホの専用アプリから色々設定できます。
専用のアプリ?機能みたいなものがあって、それらを機能させるか選択ができます。
前述のラジオがその一例です。
ということは、これから様々な専用機能が追加されていき利便性がより上がってくることが予想されます。

今後噂されている機能で私が期待しているものは…、

ハンズフリー通話

携帯と連携してスピーカーからハンズフリーで話ができるようになると便利かな。
電話がかかってきても携帯とる必要無いですから。

より多くの家電と連携し、音声操作ができるようになる。

これは家電次第でしょう。
部屋のライトのオンオフは当然として、エアコンとかレンジとか声で遠隔操作できると朝とか便利かもしれませんね。

スマートスピーカー同士での会話

家の1階と2階にそれぞれ設置して話ができると、何かの用事があった時など便利ですね。

現時点ではまだ招待制での購入になっており、それを申請することでいずれ招待メールがAmazonから届きます。
私で約1か月ほどかかりました。
まあ焦る必要はないので、もう少し出回ってからの購入検討でよいと思いますが、将来の可能性を感じる一品でした。
今後のサービスの発展に注目しておきましょう。

Amazon Echo (Newモデル)、サンドストーン (ファブリック)
Amazon (2017-11-15)
売り上げランキング: 3




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.