宮内タカユキ☆LIVE in 大阪 2010に行ってきました。




 本日は、『宮内タカユキ☆LIVE in 大阪 2010』を観に行ってきました。
 毎年恒例となる宮内さんの29日に行われる年末ライブです。
 同ライブは確か4回目となるはずです。その1回目の前の12月に行われた宮内さん初のカラオケイベントに参加して、宮内さんを応援するようになったので、もう4年も経つんですね。

 今日は当初予定になかった仕事をこなして、直接現地に向かいました。本当は余裕を持って参加したいのですが、仕事も大切ですから。。。

 今回のライブを通じて、ちょっといつもと違う観点から感じたことがあったので、それを書いてみようと思います。

 大抵はライブで何を歌ったか…などとなるのですが、これはのちほど、マイミクさんがアップするのを待つとして…(笑)

 今回のライブは、宮内さんが膝の大けがをされて、再手術をした後だったと思います。
 先月のカラオケイベントでは、車いすで痛々しい姿で、その中でも懸命にイベント終了まで行って頂けたことが印象に残っており、本日のライブが心配でした。
 当然、イス座ってのライブでしたが、時折立ちあがって歌われたことに大変驚きました。
 恐らくは、まだまだ痛みも残っているはずですが、少しでも皆に歌を届けようとされてなのか、気持ちの高ぶりがそうさせたのかわかりませんが、そういった姿にまず心を打たれました。

 逆境に立たされても後ろを向かず、前を向いた姿勢で望まれている姿を見て、私自身もまだまだ努力が足りないような気持ちにさせられました。

 宮内さんの周りでは多くの人が支援されていることにも気付かされ、そう言った人達、また宮内さん自身も新たなチャレンジや来年に向けた計画を持っていらっしゃることがわかりましたが、そんな中、自分自身も夢を持ちながら思うような結果が出せていないもどかしさも感じました。毎年、毎年ライブに参加して、一年を振り返った時に、自分なりの努力はしていますが、まだまだ全然足りていないことに気づかされます。

 今年は私の身の回り(私が当事者ではないが…)でも大きな出来事があり、本当に大変な一年でした。その環境下で、もう自分しか何とかする人間がいない中で必死に努力して、一つのことを成し遂げ、今年の初めには全く考えてもいなかった住まいの変更と引越が年内までに完了できました。これから、本当に大変だと思いますが、もっともっと努力をしていかなければならないことを改めて自覚しました。何から何まで全て自分ひとりでしなければならない中、相当しんどい思いをしましたが、「誰かが君を愛している」を聴いていると、そんな大変だった1年を改めて感じました。

 今回は珍しくアニソン以外の歌もたくさん歌われていましたが、その一曲に「見上げてごらん夜の星を」がありました。
 この歌の世代ではありませんが、私が最も尊敬するジャイアント馬場さんが亡くなられ、その馬場さんの名前が入った最後の追悼興行を観に行った際に全試合終了後、会場に流れていた曲でした。馬場さんがアメリカ修行の時にこの歌を聞いて励まされていたからだそうですが、その会場で聴いていた時に、馬場さんという存在がプロレス界から消え、もうプロレスを観戦して勇気をもらう事は無いだろうと感じながら聞いていたことを思い出しました。昔、プロレス観戦で勇気をもらっていたことを、今はライブでそれをもらっていることも気づきました。

 最後は、いつもの通り、宮内さんの代表曲である「特警ウインスペクター」、「特急指令ソルブレイン」、「特捜エクシードラフト」の大合唱で終了しましたが、これは何度その場にいても大変盛り上がります。ファンの一体感も素晴らしいです。

 ライブではお決まりであるアンコールも、宮内さんの足の状態をファンの皆が察知したのでしょう。退場する前からアンコールを行った点もファンの宮内さんへの温かさを感じました。

 アンコール後の「TOMORROW」⇒「仮面ライダーBLACK RX」も素晴らしい選曲だったと思います。
 しっかり歌を聴かせて、最後は皆でもう一度盛り上がる。
 「仮面ライダーBLACK RX」の際は、最後音が飛ぶアクシデントがありましたが、それが逆に功を奏してか、ファンと宮内さんの歌声は最後まで崩れることなく盛り上がりました。恒例の最後も「ぶっちぎるぜ!」まで音楽という合図が無い中で一致したのは本当に素晴らしかったと思います。
 心が一つになった瞬間でしたね。ある意味、宮内さんと大阪のファンの絆を再確認できたトラブルでした。

 宮内さん退場時は、足を引きずりながらゆっくり引き上げる宮内さんにファンが最後まで長い拍手を送っていたことも印象的でした。

 帰り際も膝が大変な中にも関わらず、宮内さん自らが立って1人1人握手をして、御出迎えをしてくれます。
 いつもライブに参加しながら、こういった配慮ができる心に感銘を受けます。
 いつも握手の際に、投げかけて頂ける言葉一つ一つは私にとっての精神的な力になることは言うまでもありません。
 世の中、汚い人間の方が多いと思います。損得勘定で物事を考え、自分に得になることばかり考え、人を利用し、平気で約束を破る…、そんな環境下に置かれると自分も心が乱れていくような気がしますが、こういう瞬間に出くわすと、汚い環境で汚れていた心がリセットされるような気持ちです。

 だからこそ、この色々な困難と苦労があった今年でしたが、来年に向けて今まで以上に努力を重ねていこうと心に決めた1日となりました。
 また来年の年末に宮内さんのライブが行われるかどうかはわかりませんが、その時には自分自身が自信を持って「自分も努力してここまで行けた!」と感じられる2011年にしていきたいと思いますし、そうしなければいけません。

 その他にもいろいろ感じたことや書きたいことがありますが、またまた長文になったのでここまでにします。
 宮内さんや真友さん、スタッフの皆様にはいつも感謝の気持ちでいっぱいです。ファンの皆様、恋レンジャーさんも含めて、これからも皆で盛り上がって素晴らしい雰囲気の中、イベントが今後も続くことを願っています。

 それでは、皆さん、ありがとうございました。
 私はいつも口だけになってるかもしれませんが、明日からではなく、今からぶっちぎっていきます。

 




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.