宝島「プロレス 変な噂 悪い噂」を購入しました。




 不定期でありますが、1年に数回発行されるプロレスムック本で1月20日に発売された「プロレス 変な噂 悪い噂」を購入しました。
 

 今回もプロレス界のスキャンダラスな話題があること、そして少し推測が入った大げさな記事まで色々と書かれていました。

 目次等、掲載されている話題は、下記のURLで少し読むことができます。
 http://tkj.jp/read/index/bookcode/20229101/maxpage/13/pagedir/2
 
 私が一番気になった記事は、「「新日本がノア買収説」の深層とブシロードの「方舟植民地計画」」でした。

 細かい内容は書くことができないでしょうが、おおよその内容としては一部噂されていた新日本プロレスによるプロレスリング・ノアの子会社化ではなく、ノアの一部の権利を買い取ったということのようであります。
 一時は新日本プロレスが経営危機の中、プロレス界の盟主と言われたノアが全く逆の立場になってしまい、もうギブアップ寸前です。
 私にはプロレスリング・ノアに思いいれはありませんが、古くから応援したファンにとっては複雑なのではないでしょうか?

 新日本プロレスの勢いは本当に素晴らしいと思います。よくここまで隆盛を戻してきたなと思いますし、やはりビジネスと言うものはきちんとしたアイデアとプランで上り詰めていくんだと納得できました。それには夢があり、見ている者も幸せにすると思います。
 
 その他の記事では特に興味深い記事はあまり無かったですが、W-1の現状と武藤選手の自分勝手ぶりは開いた口が塞がりません。全日本プロレス時代の借金をチャラにし、同じくスキャンダラスな事件はもみ消し、新たな団体W-1でも全く同じことを繰り返している。(W-1での借金と金本選手の記事)
 プロレスは一流であることは言うまでもありませんが、やはり社会人として尊敬できないと応援しようとは思えない。

 全日本プロレスの記事は当たり障りも無い記事でしたので、今の全日本プロレスは健全なのだと多分思います。
 ただ経営困難が続くとボロは出てくるので、今後どのように社員が働き、ファンがサポートしていけるかでしょうね。
 個人的には応援していますが、実力も無視した地方のプロモーター優先のカードとか、そういったことは止めて欲しいです。

 世の中、上手くいけば何でもよく言われます。
 私はプロレスから多くのことを学びましたし、影響を受けたジャンルです。とにかくプロレス界の発展を願うばかりです。
 




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.