カテゴリー:書評

  • 【本レビュー】このままだと、日本に未来はないよね。

    最近、YOUTUBEで時間がある時に同書籍の著者であるひろゆき氏の話を聞いていて、多くのジャンルを幅広く網羅した思考力を持った人だなと感じていました。 たまたま本屋で同氏の新著「このままだと、日本に未来はないよ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【プロレス本レビュー】巨星を継ぐもの(秋山準)

    現全日本プロレス選手であり社長である秋山準選手の著書が出ました。 同書は新人時代から現在の全日本プロレスまでのエピソードがインタビュー形式で書かれてあります。インタビュー形式だからかその内容は非常にわかりやすく、秋山選…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【書籍レビュー】がんと生きる

     元プロレスラーの小橋建太さんの著書「がんと生きる」ですが、今の私には少し考えさせる内容になっています。    同書では小橋さんが腎臓がんを患った時から今に至るまでの出来事や心境などを綴っておられます。  思えば私…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【書評】告白 平成プロレス10大事件最後の真実

    久し振りにプロレスの本を購入しました。 実は毎回発売される度に買っていた宝島社出版のプロレスムック本が2日前に発売されていました。 しかし、最近の無理やり感のあるスキャンダラス作りで読む価値が無くなってきてお…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 小橋健太さんの「熱狂の四天王プロレス」を読んで①

    私が大好きだった全日本プロレス、中でも最も熱狂した90年代、一世を風靡したのは三沢光晴、川田利明、田上明、小橋健太選手の4強時代、謂わゆる”四天王時代”。 その小橋健太選手が全日本プロレス時代のことを綴った「熱狂の四…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【プロレス本レビュー】痛みの価値 馬場全日本「王道プロレス問題マッチ」舞台裏

    全日本プロレスファンとしては大変興味深いタイトルの本が発売されました。 著者も週刊プロレス全盛期の全日本プロレス担当記者であった市瀬英俊氏であることもあって大変期待を持って読んでみました。 ただ残念ながら…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【プロレス・本レビュー】週刊プロレス別冊 FMW (エフエムダブリュー) 25年史

     私が学生時代の頃、全日本プロレス、新日本プロレス、UWFの3大団体という圧倒的な力のあるプロレス団体に対抗して、小さな団体がいつしか一気に人気団体になり、またその後の凋落ぶりも激しかった激動の時代のプロレス団体…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【プロレス・本レビュー】逆説のプロレス Vol.2 新日本プロレス G1クライマックス 25年全事件の真相

       全日本プロレスのファンである私が新日本プロレスのG1クライマックスに関して書かれている本に興味を持ち、思わず買ってしまいました。  タイトルでは「G1クライマックス 25年全事件の真相」などと大それたこ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 宝島「プロレス 変な噂 悪い噂」を購入しました。

     不定期でありますが、1年に数回発行されるプロレスムック本で1月20日に発売された「プロレス 変な噂 悪い噂」を購入しました。    今回もプロレス界のスキ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年8月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  




ページ上部へ戻る